新着の商品はこちら✔ 新着の商品はこちら✔

ブークレヤーンの魅力と工場糸の番手変換法

ブークレヤーンの魅力と工場糸の番手変換法

こんばんは。

スタッフのshimaです。

 

私のお気に入りの糸ブークレについて

今日は勝手に魅力をお伝えできればと思います。

お時間ある方はお付き合い頂けたら幸いです。

 

まずなぜブークレが好きなのかというと

編んだ時の柔らかさと糸のもつ優しい雰囲気です。

 

洗うとよりふわふわっと仕上がる糸は”もふもふ”という

言葉が近いように感じます。

こちらは1/14ミニウールブークレを4本取りした糸で作成しました。

Pattern by : #KorpsångShawl 

Book by : The 52 weeks of shawl

165cm×75cm

 

 こちらの指定糸は50g=175m 輪針3.75mmでした。

175÷50g=3.5 (1g=3.5m)という番手になり表記は1/3.5 となります。

下記参照していただければと思うのですが、3.5番手は中細くらいの太さになり、私が持っている糸は1/14という工場糸で、分類すると超極細糸となります。

参照URL: https://rouranca.com/keitonofutosa

 

さて、ここで何本取したら指定糸に近づくのか計算してみます。

1本取り: 1/14  超極細

2本取り: 2/14 (=14÷2で1/7) 合細

3本取り: 3/14 (=14÷3で1/4.6) 中細

4本取り:4/14 (=14÷4で1/3.5) 中細

と計算することができ、1/14超極細糸を4本取りにすると

指定糸と同じ太さで編めるという仕組みです。

 

糸を購入する際に糸の番手やg数の記載があるので

一緒に保管しておくと役立ちます。

手芸糸でも50g=◯mと書かれているものがほとんどなので

同じように計算してもらうと番手と必要な本数がわかります。

 

せっかく工場糸を買ったのに

どうやって応用したらいいかわからない!と思っている方は

ぜひ試してみてくださいね^^

算数が大の苦手な私でも理解できたので慣れたら幅広く

工場糸を活用いただけると思います!

 

このブークレは大人用だけでなく

子供用が可愛いのです。

シロクマ帽子。

pattern by : @knittingforolive

#babybearbonnet

 

 

ウェアで編んでも可愛いし、子供用のロンパースもかわいいなぁ

なんて想像が膨らみます。

 

織で表情を変えて横糸に使うのもまた素敵な糸なのです!

皆さまもブークレの虜になって頂けたら嬉しい限りです。 

 

それではまた。